”自由人”高橋歩さんとの出会い

先日、作家でもあり、同時に数々のビジネスを成功させている“自由人”(最近の肩書き?)の高橋歩さんと打ち合わせをする機会があった。
▼西麻布のカフェで、、、

若者にはカリスマ的な存在で、今年の4月20日にはTV東京系の「ソロモン流」でも彼の特集が組まれてました。
▼「ソロモン流」webサイトより

打ち合わせ内容はというと、今年の11月から家族4人で行く「世界一周の旅」の北米部分をキャンピングカーで廻ってみたい!とのことで、共通の知人から紹介をいただいき実現。

以前から彼の書いた本は読んでおり、その人生観に非常に興味があった。また、彼が千葉でカフェバーをオープンさせ悪戦苦闘していた学生時代に、幕張(motor-homeのオフィス近く)に住んでいたということで妙に親近感があったのも事実。。。(学生時代のことは本の中でも書かれてました。)

実は、彼はすでに10年程前にも世界一周の旅をしている。ソロモン流のwebサイトでも紹介されているとおり、結婚式の3日後、すべての肩書きをリセットし、奥さんと2人で行った「世界一周の旅」。約2年間で世界数10ヶ国を放浪の末、帰国。その時北米はグレイハウンド、アムトラック等でアラスカまで旅をしたとのこと。
▼著書「LOVE&FREE」では、その時に感じたことを綴ってます。

今回の「世界一周の旅」は子供達もいるので、いい方法はないかな~と検討していた時に、「レンタルキャンピングカーの旅」の存在を知り「これだ!」と思い、いろいろ調べていただいている中でmotor-homeの会社を知ったとのこと。。。

彼の本を読んでみるとわかるが、彼のすごさは、いわゆる0を1にすることができる才能。また人との連携をとりながら、ビジネスを進めることができる才能。その行動力、実行力は、簡単そうでなかなかできるものではない。

おそらく、「キャンピングカーの旅」の情報がなかなか入らないことを悟って、声をかけてくれたのだと思う。僕のほうも、「アメリカ キャンピングカーの旅」の現状や、RVパークでの過ごしかた、時期に見合ったルートの取り方等、いろいろ資料を見せながら話しました。彼も興味を持っていろいろと聞いてくれて好感触!
▼I-40のすぐ横を走るルート66に佇むモーターホーム
(motor-home撮影)

かなりの期間利用される予定なので、今後もまだまだ詰めなければいけない部分も多いが、こういった人に、自分の取り組んできたことが説明できたことは、自信にもつながりました。

いろいろな繋がりや出会いを期待して、今後も頑張っていきたいと思います。

★2014年10月30日追記★
2014年6月中旬、motor-homeが編集スタッフのかたと『ルート66、グランドサークル モーターホーム(キャンピングカー)の旅』に同行し、記事作成のお手伝いをさせていただいたガイドブック『アメリカ大陸横断』が2014年10月30日に発売されました!motor-homeの会社をご利用いただき『アメリカ大陸横断 モーターホ-ム(キャンピングカ-)の旅』を楽しまれた3組の『お客様体験記』も掲載させていただきました!(有難うございます!) 右の写真は編集チーフの牧野森太郎さん(左)とmotor-homeのショットです。

▼早速、メディア紹介記事【36】にアップしました!
http://www.motor-home.net/other/media.html

▼アメリカ キャンピングカー(モーターホーム)の旅動画です。(約3分)
より一層イメージが沸くと思いますので、是非、ご覧ください!

★facebook、twitterでは、ほぼ毎日タイムリーな情報を発信してます。★
 是非、覗いてみてください!
****************************************
■facebook

http://www.facebook.com/traveldepot
■twitter

https://twitter.com/#!/joeisle
■”アメリカ・カナダ キャンピングカー(モーターホーム)の旅”
トラベルデポ ホームページ  お客様体験記等、情報が満載です!

http://www.motor-home.net
****************************************

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">